お彼岸

ききょう


お彼岸って毎年春と秋にやってくるけど
そもそもお彼岸ってなに? と思い立って調べてみた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仏教では私たちの住む世界を「娑婆」とか「忍土」といい、
様々なことに耐え忍んでいかねばならない苦しみの世界であると考えます。
そこから離れていくことが、仏教の主たる目的です。
つまり、この苦しみの世界から離れることを、
向こう岸に渡る=「到彼岸」と例えたわけです。
ですから「彼岸」とは、時節を表す言葉である前に、
仏教徒が目指すべきところを表す言葉であるということなのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうかあ。苦しみの世界から離れ、目指すべきところに到達する。
それがお彼岸なのね。。。


ミニちゃん昨日はレントゲン。
ギブスが取れて二週間。そろそろすっきりとくっついて欲しい。
ギブスをしている間に見たレントゲンはどれも変化がわからず。
ぜんぜんくっついてきてないわ~。とか、これでいいんかいとか思ってたけど
でも昨日見せられたレントゲンは二週間前に比べ
不器用に、でもはっきりと骨が頑張ってくっつこうとしていた。
ちょっと時間がなくて慌ただしくなってしまい
ろくに説明も聞けなかったけど
シロウトの私にもしっかりと変化がわかったよ。
ただ、内側の一本だけが取り残されてる気がしたわ。
あともう少し。がんばれ~。骨!(爆)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

骨折

人間と違って動物の骨折治るまで大変ね
でも、きれいに骨がくっついて治れば
また走れるから

それまで、まだ我慢の子だわね
がんばって~

がんばれ!

後1本の骨!(笑)もう少しなんだね~・・・
なんとかがんばって欲しいね~。
目に見えて治ってきてるのってほんと嬉しいね~。
暴れすぎずもう少しの辛抱だわね。

カレンママ

もうさ~、きれいに治ってくれれば苦労しないよう(苦笑)。
3本も折ってしまったので大変なのはわかっちゃいるけど
ってやつだよ。
また走れるようになって欲しいなあ。。。

ばれんまま

ありがとぅぅぅ~~。
これがなかなか。今日はまた包帯さきっぽ食いやがって。
自分で巻いたけどうまくいかず。
いいかげんにしろよ~!(怒)はいったい何回目だろう。
うん。てか、今まで本当に進歩がなかったから。
もう少しよい子で辛抱して欲しいよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。