ひな祭り

ちらし寿司と蛤の潮汁


今日はひな祭り。
毎年作るって訳でもないんだけど
今日は昼間マーケットに行ったのでひな祭りだわと具材を買ってきた。
ちらし寿司と蛤の潮汁。って蛤に身がない~~。
手間をかけて時間をかけて作ったけど。。。
おとーはまだビール飲んでうだあげてて食べる気はないらしい。
いつもそうなのよね。私の料理はまずくって食えないってか!


昨日獣医さんに迎えに行った時、
○チーズたちの後ろから来た白黒がミニーだと気付くのが遅れた。
ぜんぜん違う犬に見えたのよ。
なんでかなーーっと考えていた。
そうだ。これのせいだわ。


腹巻ミニちゃん


まさにボーダー柄(爆)。
ボーダーだとも思わなかったのよね。
でも家に帰ると白はビアンカで見慣れているので
この方がよっぽど家の子だわって気がする。あはは。


今日は雨も降ってないし、お散歩もないのでミニちゃん家の中でご機嫌。
そんなに暴れていいのかいっていつもだけど元気です。
昨日手術の様子をお聞きしたけど
子宮に液がたまってふやけていたんだって。
普通シーズンが終わると縮むもんなんだけど伸びたままだったとか。
余程母性本能が強かったのでしょうって。辛い時もあったはずって。
このまま雑菌が入ると蓄膿症になってしまうそうです。


避妊手術はピコは6か月の時。
当時行っていた獣医さんに時期をお聞きしてやって貰った。
ビアンカは1歳3か月ぐらいだっけか?
その時通っていた獣医さんは1回目のシーズンが来てからという方針だった。
身体の中にいらない臓器などなく、ちゃんと成熟してからと。
ビアンカの手術の時期が遅れる事に実は不安があった。
ピコに比べるととんでもなく怖がりだったから。
だったらなんにもわかんない内がいいんじゃないかと。
ピコは手術をした後、しばらく傘やパラボラアンテナを怖がってね~。
じゃなくても怖がりなのに更に怖がりになってはかなわんと思ったのよね。
ビアンカは手術が終わってちょっと変わった。
それまでソファーや布団を掘るのがマッハの速さだったのにまったりになった。
まあ。掘ってみたら痛かったってのが真実かなって思うけど。
ミニーは子供の時からとんでもない怖がりだった。
犬は成長して大人になって自信をつけると言うのを前の学校で聞いていた。
ピコもビアンカも確かにそうだわと思う。
だからミニーも成長して自信をつけて怖がりが緩和されるのを待っていた。
けど。。。成長しないんだなこれが。
怖さのひとつに異性に対する物もあるわと気づいて
じゃあ手術をと思った時に怪我をした。
そんなんで遅くなってしまったのよね。


ミニちゃん、包帯の隙間からお腹をなめているらしく
おっぱいがひとつ真っ赤に腫れてしまってる。
包帯も暴れるからずれてきて傷口がすっかり見えてるじゃない。
ふ~~~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビビリ

ミニちゃんの手術無事に終わって、
蓄膿症も防げてよかったですね。
蓄膿症になっちゃうと手術も、輸血なんかした日には
その後の体質変化もこわいみたいですよ。

足はもう完治しないのか~
かなりショックですね。
でも動物って、ダメになる機能があれば
それを補う機能が発達することもあるので
危険がなければアジをぜひ再開してほしいです。

しかし
犬って基本的にビビリが多いような。
うちの兄さんはKYですが、音響シャイでしたし。
耳が遠くなって克服(笑)
チビズは私が本を落としただけでも
ハウスに飛び込むくらいビビりですσ( ̄∇ ̄;)

ありがとう

蓄膿症は考えなくもなかったんだけど
このままぐずぐずと引き伸ばしていたら危なかったね。
輸血で体質変化しちゃうんだ~。それは怖いわ。

足はもう治らないって。
軟骨が入り込んでいるからもうくっつく事はないそうなのよ。
麻酔から覚める前に触ってみたらカクカクいってたって先生が。
ずうっと走らせてなかったので走ったらどんな具合とかさっぱりわからない。
ジャンプも高さ跳べるのかもわかんない。
まずは自由運動からだね~。
その前に傷口治さないとね~。少しずれちまった(>_<)。

ピコはさ。やっぱりあの大きさがあったから
怖がりだったけど神経太いとこもあってあんまり気にならなかったけど
ビアンカが家に来た時はあんまり怖がりなんで驚いたよ。
あら、ハビちゃん音響シャイがあったんだ。
え~え~、耳が遠くなるまで克服はできなかったのね。
ミニーもこのままなのかなあ。。。
小さい子は大きい子よりもっと怖がりなんだろうねえ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。