術後2週間

141202-2.jpg


紅葉、そろそろ落ち葉の方が多くなってきたかしら。
本格的な冬へといつの間にか季節が変わってきていますね。


忘れない内にビアンカの鼻腔腺癌術後二週間。
帰ってすぐ大きく腫れあがった顔を見ていると
息をするたびに額がペコペコしているのよ。
鼻の軟骨をとって鼻の中のガンを切り取っているのだけど
軟骨をもとに戻すと腐るからと軟骨は戻してない。
だから頭から背中のあたりまで空気が入るかもしれないと言われてた。
そう言われてはいてもこれはびっくりだったよ。
鼻の中を掻き出しているので慢性鼻炎になると言われたけど
すぐにグズグスの鼻になった。
鼻水をプシッと飛ばすと一緒に鼻血も出てくる。最初はなかなか止まらない。


141202-1.jpg


あんなにパンパンだった顔は朝起きるたびに小さくなっていった。
この画像は3日目。手術が水曜の夜で土曜日の朝の画像。
まだまだ腫れてるね~。翌日にはかなり腫れがひいていたよ。
顔の腫れが引くと共に頭がペコペコ膨らむこともなくなってきた。
鼻づまりはますます酷くなってきて時々詰まって苦しがってる。
鼻水と共に出る鼻血はだんだん色も量も少なくなってきたけど
二週間たった今でも思いっきりブシュッとやるとまだ出てくるよ。
体調は最初は一進一退だったけど
一週間を過ぎたあたりからかなり元気になってきたね。


141202.jpg


目が三回目の放射線を当てた後から涙目になっていたのだけど
それがどんどん酷くなって結膜炎のように黄色い目やにが出るようになった。
これは放射線を当てたためになんだけど
担当の先生からも今何の薬もまったく効かないですからと言われていた。
術後二週間、最初の放射線から一か月たって目の周りがかなりはげてきたわ。
ガビガビの目やにで目がくっついてる事もある。
薬は効かないと言われてもほってはおけないので
獣医さんに行って目薬をいただいてさしている。
放射線の後遺症で白内障が出ると言われてたけど思いっきり出てるね。
こちらの目は見えなくなるかもね。。。


夏の前、春ごろからだったか
月一で通っているマッサージでビアンカの脚の筋肉が著しく落ちたと言われていた。
ガンが見つかった直後にも行ったけどもっと落ちたとその時言われた。
これでも走れるんだと言われるぐらい。
そう言えばピコも9月に血管肉腫が見つかったのだけど
春ごろから見た目に脚が細くなっているのがわかった。
老人の体にシフトしているんだわとか思ってたけどこういう事だったのね。
だからってその時には筋肉が落ちたな~、
年寄りになったな~と思う以外思いつかないけど。


抜糸まであと一週間。
とりあえず普通の生活を取り戻しつつあります。
まだ長距離移動とか怖くてできないので
前のように連れ歩くって事はしばらくできないかなあと思っているけど
とりあえず。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

想像以上に大変だったのね。
画像見て涙が出ちゃったよ。頑張れ!しか言えないけど、言葉が話せないからワンコは辛いね。痛い、苦しいっていいたいよね。
でも、こちらが言ってることは良くわかってくれるから、ピコママの気持ち察してくれてるね。お大事に。
頑張れビアンカ、ピコママ‼️

大変だね

その後どうしたかなって
思ってました

手術の後は放射線治療もするのね
放射線は大学までいってるの?
なんだか、見てるの辛いね

場所は顔だしね
しかも鼻って匂いはわかるの?
画像見る限りでは元気に見えるけど
キズは日にちが立てば回復するから
だけど、慢性鼻炎っていうのも
大変だね。そうか白内障にもなるんだ
後遺症も楽になるといいね
お大事に


そうか

後遺症がいろいろ出てくるのが辛いですね。
今はニンゲンのがん治療にも言えるけれど、ガンを切り取り命はつないだからね、と医者の仕事は終わりかい?って。
そのあとどう生活するのか出来るのか、本当に考えさせられますわ。
ビッカさん自身がまだ気づいてないガンだったからこそ、これ以上しんどい症状が出てきませんように。(T_T)
おかん、頑張れ。

クリママ♪

あの子8歳10歳12歳と二年ごとに手術をしているからね~。またかと思っているかも。
8歳の時はそうでもなかったんだけど10歳の台ふき摘出手術は
胃を切っているので回復が遅くてやきもきしたよ。
それに比べると今回傷跡は派手だけど内臓にダメージはないので
よく食べてるし元気になるのも目に見えてるし。なんだか足取りも軽いよ(笑)。
応援ありがとう。これは寿命に向かっての攻防戦なんだわと考えちゃうけどね~。

カレンママ♪

放射線治療は手術の前に三回したの。これでガンを小さくして切り取ったのよ。
鼻腔腺癌は急に大きくなるガンらしくそういうのには放射線治療が有効だとかなんとか。
その放射線の影響がすぐには出ないで遅れてじわじわと出てくるのね。
目の奥の方に副鼻腔があるからどうしても目が隠せないって言ってたわ。
けどこれがなかったら余命三か月。もう一か月たったからあと二か月。
そう考えればこんな事ぐらい。。。と父ちゃんがビアンカの顔を見るたび言ってる。

傷跡や放射線による目の周りのハゲや結膜炎の症状は時間がたてば治ってくるだろうけど
慢性鼻炎や白内障はちょっと困っただわよ。
すぐには出てこないでじわじわって放射線って怖いなあって思うわ~。
心配してくれてありがとね。

habimama♪

命に変わりはないけれど、人は命をつなぐ事に大きな意味があると思うし
医療の発達によりそれがある程度可能になっているからね~。
犬はしゃべれないし、なかなか早期発見が難しいし
早期発見したところでどこまで治療できるかもあるしさ。
たまたま首都圏に住んでいるから通えるところに大学病院があったけど
地理的に通いたくても通えない飼い主さんも多いだろうな~と思うわ。
放射線の影響は今がピークなのかまだまだひどくなっていくのかどうなんだろう。
ほんとこれ以上ひどくならないといいなあ。
ありがとう。ビアンカはこんなお散歩が難しい犬だったっけと思うぐらい元気になったよ。
そうなんだよね。あの子お散歩できない犬だったんだよね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。